道産子じゅげむの「軽配送」と「副業」で生きていく

一般的なサラリーマンだった私が、軽貨物配送で独立をしました。 副業と合わせることで、同年代よりも多くの報酬を得ています。 「軽配送は稼げるのか?」「副業って儲かるの?」「会社員と比べてどっちが良い?」 これからの時代、副業をしているのが当たり前の時代がやってきます。 30代/既婚/子なしの私じゅげむが、お金に関することを紹介していきます!

アンカーキャストは地域によって労働条件に差があるのか調べてみた

皆さんこんにちは!

軽配送の本業と、中古転売の副業の二足のわらじを履く、じゅげむです。

 

ヤマト運輸のアンカーキャストとして一人で稼働するようになってから、1ヶ月ちょいが経ち仕事にも慣れてきました。

 

アンカーキャストってどのくらいの荷物を配達するの?

 

最近は出勤時の持ち出しが55個前後で、15時半頃に別のコースの方の不在分の荷物をもらい、17時半頃にもまた別のコースの不在をもらい、最終的に70個前後の荷物で落ち着いています。

 

※もちろん、もらった不在分は全て回る訳ではなく、再配達の連絡をもらった分だけ回ることになります。電話がめっちゃ鳴りますw

 

20時~20時半頃に全ての配達が完了し、そこからセンターに戻って不在分の荷物の処理や終了業務をして、だいたい20時半~21時頃には退社します。

 

私は時給制なので、最後の方になると結構のんびりと業務を処理しますw

月給制になるという話があるのですが、果たしていつからになるのやら…。

 

一括りにアンカーキャストといっても、結構地域やセンターによって条件が違うみたいですね。そこで、地域によってどのくらい違いがあるのか、本日は各求人サイトを調べてみました!

 

全国のアンカーキャストの求人を調べてみた!

 

 色々な求人サイトを調べてみたのですが、ヤマト運輸のトップページにも載っていました。「重要なお知らせ 契約社員「アンカーキャスト」募集中!!」と大きく掲載されていることから、ヤマトの本気度がうかがえますね。

 

f:id:yamato0709:20180820100933p:plain

 

アンカーキャストに関してのページはこちら

 

f:id:yamato0709:20180820100938p:plain

 

地域によって、労働条件は変わってくるのか?

 

各地域ごとに労働条件を調べてみました。

 

●共通項目(※2018年8月21日時点のデータです)

 

・勤務時間:13:00~21:00

・クロネコヤマトの配送車(軽自動車 / ワゴン車 / 2tトラック)で、宅急便の配達業務をお願いします。

・1人のドライバーが担当するエリアは業界内でも狭く、固定されており、営業業務もありません。

・新人研修(座学研修/運転実習) ※2週間程度

・配属先でOJT ※4週間程度

 

インセンティブ、昇給、賞与、交通費支給あり
◆社会保険完備 (雇用/労災/健康/厚生年金)
◆ヤマトグループ保険制度
◆慶弔見舞金贈呈 (結婚祝金/出産祝金/入学祝金)
◆財形貯蓄制度
◆社員持株制度
◆自動車保険割引制度
◆制服貸与

 

北海道、山口県→月収例:229,220円

宮城県→月収例:248,730円

東京都→月収例:304,890円

神奈川県→月収例:282,990円

千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県→月収例:231,230円

群馬県、静岡県、奈良県→月収例:237,330円

山梨県、長野県、新潟県→月収例:229,220円

愛知県→月収例:264,850円

岐阜県→月収例:239,720円

大阪府→月収例:270,630円

兵庫県→月収例:278,050円

京都府→月収例:264,850円

島根県、岡山県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県→月収例:219,690円

鳥取県、熊本県→月収例:230,190円

広島県→月収例:248,730円

香川県、愛媛県、高知県→月収例:230,190円

福岡県→月収例:257,430円

※福島県、青森県、岩手県、山形県、秋田県、石川県、福井県、三重県、滋賀県、和歌山県、徳島県、沖縄県は求人なし

 

※乗務免許(社内資格)取得後で月22日勤務の場合。上記金額には基本給、居住地手当、勤務地手当、業務インセンティブ(日額)を含みます。

 

一番の高給が【東京都の304,890円】で、一番少ないのが【島根県、岡山県、佐賀県、長崎県、大分県、宮崎県、鹿児島県の219,690円】でした。

 

まぁ最低賃金に合わせての給与設定ということでしょうか。

 

結論!アンカーキャストの求人に地域差はない!?

 

ヤマト運輸のホームページでは、地域によって給与の額に違いはあったものの、労働条件などに大きな違いはみられませんでした。

 

ただ実際に働いてみると、「聞いていたのと違うな…」「書いてあった労働条件と違う…」なんて事がちらほらあるかと思います。

 

現役アンカーキャストの私も、今はまだ時給制で、「インセンティブはない」と聞かされています。ただ今後月給制になった時は、「年収300万前後」と聞いているので、記載されていた【月収例:229,220円】に近い額にはなるかと思うのですが…と言うより月25万ないと届きませんね。

 

まとめ

 

働く地域やセンターによって、微妙に内容が異なってくるかと思います。

限度はあるかと思いますが、「おかしい!」と思ったことはこちらから交渉していく姿勢を見せるのも、必要なことかもしれませんね。

 

ヤマトのアンカーキャストで、正直そこまで高給!とは言えないかもしれませんが、私のように別の収入減があって、余った時間で「パートやアルバイトで稼ぎたい!」という方には良い選択肢だと思います。

 

長時間労働などで問題になっている昨今、副業や複業の働き方を模索している方は、ぜひ検討してみてください!

 

本日は「アンカーキャストは地域によって労働条件に差があるのか調べてみた」でした。

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


起業・独立ランキング

スポンサーリンク