サラリーマン+副業が最強だと思う

私は正社員+副業というスタイルで、同年代よりも多くの報酬を得ています。これからの時代、副業をしているのが当たり前の時代がやってきます。当ブログでは、実際に成果のあった副業など、お金に関することを紹介していきます!

リクルートも副業OK!副業をしているのが当たり前の時代に

皆さんこんにちは。

サラリーマンと副業の二足のわらじを履く、じゅげむです。

 

働き方改革や残業時間の見直しなど、改めてワークライフバランスが叫ばれるようになった昨今、皆さんは副業についてどう思いますか?

私は現在、本業(正社員)と副業の2本の収入の柱があり、29歳で500万~600万前後の年収があります。

正直、そこまでえばれる額ではありませんが(^^;

同年代に比べると、多い方だと自負しております。

 

 

1、電通の過労死問題

f:id:yamato0709:20170711094159p:plain

 

テレビや雑誌などで、副業や働き方に関してメディアの露出も非常に多く取り上げられていますね。

電通の新入社員の過労自殺など、世論の逆風もあり、これから間違いなく「副業をしていて当たり前」の時代が来ると思います。

電通の高橋まつりさん過労死・ブラックな鬼十則の内容まとめ

電通過労死問題の上司の現在は?左遷しない限り電通は変わらない

 

 

2、副業を推奨する会社の増加

現在では、「副業OK!」「副業を必ずすること」を唱える会社も多くありますね。

政府も世論を受け、働き方改革と銘打って色々とアピールしています。

良い方向にいくのかは、正直微妙な節はありますが…

ロート製薬の「副業解禁」が示す本当の意味

「サイボウズで複業しませんか?」 複業採用のQ&Aを社長に直接聞いてみた

大企業こそ副業を推奨せよ!?「専業禁止」を掲げるエンファクトリーの成果

 

あのリクルートも副業を推奨しています。

就活をしている学生さんの中には、 「副業OKだからリクルートに行きたい」と話す方もいらっしゃるみたいですね。

 

 

3、あなたはどんな働き方を望みますか?

あなたは、こう言った時代の流れについていくことが出来ますか?

このブログのテーマは、「収入を増やす(副業)」「お金に働いてもらう(投資)」「お金を残す(節約)」の3つです。

来るべき大副業時代に備え、様々な副業はもちろん、節約・株・投資・節税・財テクなどなど、お金に関して記事にいきます!

 

 

スポンサーリンク