道産子じゅげむの「軽配送」と「副業」で生きていく

一般的なサラリーマンだった私が、軽貨物配送で独立をしました。 副業と合わせることで、同年代よりも多くの報酬を得ています。 「軽配送は稼げるのか?」「副業って儲かるの?」「会社員と比べてどっちが良い?」 これからの時代、副業をしているのが当たり前の時代がやってきます。 30代/既婚/子なしの私じゅげむが、お金に関することを紹介していきます!

電通問題を考える

皆さんこんにちは。

サラリーマンと副業の二足のわらじを履く、じゅげむです。

電通問題で、亡くなられた高橋まつりさんのお母さんが、過労死問題を繰り返さないようにと研修会を行っている、とのニュースが出ていました。

私も前職は、サービス残業が月に50~60時間はある会社でした。

サービス残業ですよ。

毎月もらえる給与明細の残業欄に、「0時間」と書いてあるのをいつも腹立たしく思っていました(笑)

時給1000円として、毎月5~6万ピンハネされているのと同じですからね。

さらに前の会社は基本給が10万円で、そこにみなし残業代が数万円ついて、ようやく人並みの給料となるような会社でした。

ちなみに見込み残業時間は30時間ほどですが、実際は100時間オーバー(笑)

本当、馬鹿かって話です。

世の中にはサービス残業なんて、あって当たり前なんて風潮もあります。

正直、私も辞めるときはかなり勇気がいりました。

家族も含めて味方なんて誰もいません。

まぁ無収入になる訳ですからね。

気持ちはわかりますが、悲しかったです。

サービス残業で悩まれている方、色々な諸事情はあるかと思いますが、本当にきつかったら辞めるべきだと思います。

これからの働き方として、1人で2つ、3つ仕事をしているのが当たり前の時代が来るかと思います。

もちろん一長一短はありますが、ぜひ負担の少ない本業+副業というワークスタイルを検討してみてください。


本日の売れたもの

心理臨床という営み―生きるということと病むということ

心理臨床という営み―生きるということと病むということ

買取額:200円 売却額:2.132円

こういった専門書はねらい目ですね。

スポンサーリンク