道産子じゅげむの「軽配送」と「副業」で生きていく

一般的なサラリーマンだった私が、軽貨物配送で独立をしました。 副業と合わせることで、同年代よりも多くの報酬を得ています。 「軽配送は稼げるのか?」「副業って儲かるの?」「会社員と比べてどっちが良い?」 これからの時代、副業をしているのが当たり前の時代がやってきます。 30代/既婚/子なしの私じゅげむが、お金に関することを紹介していきます!

17時40分~19時前は再配達依頼の電話が鳴りまくる、魔の時間帯です

皆さんこんにちは!

軽配送の本業と、中古転売の副業の二足のわらじを履く、じゅげむです。

 

ヤマトのアンカーキャストで働き始めて、約3ヶ月が経ちました。

 

アンカーキャストは元々【社員の長時間労働を是正】するための、働き方改革の一環として導入されています。その効果が出ているのか、私なりに感じたことを書いていきます。

 

アンカーキャストの導入で、社員の働き方はどう変わったのか?

 

ヤマト側も始めはアンカーキャストをどう使うべきか迷っている雰囲気がありましたが、今では下記が主な私の担当になっています。

  • 【Aコースの1条~7条の1丁目~6丁目の荷物を担当】
  • 【Aコース全体の18時以降の荷物を担当】
  • 【16時頃にBコースの不在の荷物の引継ぎ(Bコース担当ドライバーは退社)】
  • 【17時半頃にAコースの他の地域の不在の荷物の引継ぎ(Aコース担当ドライバーは退社)】

 

私が夜の時間指定の荷物や、不在分の荷物を引き継ぐことによって、Bコースのドライバーは16時過ぎに退社、Aコースのドライバーは17時半過ぎに退社することが出来ています。

 

不在の荷物でも、当日の再配達は19時まで受け付けているので、それまでは持っていなきゃいけないんですね。その役割を私が担っています。

 

17時40分~19時までは再配達依頼の電話が殺到!?

 

f:id:yamato0709:20180915084044j:plain

 

 

他コースの不在の荷物を引き継ぐことになるので、当然アンカーキャストの受け持つ不在分の荷物が多くなります。

 

平均して30個前後の不在を持つことになるので、17時40分~19時前まで、仕事から帰って不在票を見た人たちからの再配達依頼の電話が鳴りまくります。

 

電話を受け、端末上で不在の荷物を確認してそれを再配達に登録して、実際の荷物を確認します。自分で回っていない不在の荷物の分だと、印象に残っていないので中々分かりづらいです。

 

夜の分の配達をこなしている時に、多い時で15個とか再配達の荷物が増えることもあるので、結構混乱します(^^; 落ち着いて一つ一つ確認し、ミスがないようにしたいですね。

 

逆に19時を過ぎると、当日の再配達の受付が終了するので、自分の電話も鳴らないように事務所に転送をかけます。なので、もう電話が鳴ることはありません。

(※自分の個人携帯に何か急ぎの用事で電話が来ることがありますが…)

 

再配達の荷物が増えることもないので、とても落ち着いた気持ちで配達をすることが出来ます(笑)

 

ロボットのように淡々と仕事をこなすことの大切さ

 

17時40分~19時前までの時間は魔の時間帯なので、私もどこかそわそわしています。

 

はっきり言って、電話が鳴る度にイライラします。

19時~21時で当日再配達を受けたのに、行ってみたら不在…なんてのもちょこちょこあります。

 

横暴なお客さんも中にはいますが、私の経験上ほとんどの方が「ありがとう」、「何回も来てもらって悪いね」と言ってくれる、良いお客さんばかりです。

ストレスのかかる時間帯ですが、【ロボットのようになったつもりで淡々とこなしていく】ことで、自分に負荷をかけずに楽しく仕事をしていきたいですね。

 

本日は「17時40分~19時前は再配達依頼の電話が鳴りまくる、魔の時間帯です」でした!

 

にほんブログ村 小遣いブログ 副業・副収入へ
にほんブログ村


起業・独立ランキング

スポンサーリンク